2019年8月21日(水)

『貯まらん女のお金がみるみる貯まる魔法のレッスン88』花輪陽子氏  著者行間を語る

2012/4/10付
保存
共有
印刷
その他

いま、さまざまなメディアで女性の貧困問題が取り上げられています。単身で暮らす女性の3人に1人が「貧困」であることが、国立社会保障・人口問題研究所の分析で分かりました。

『貯まらん女のお金がみるみる貯まる魔法のレッスン88』(マガジンハウス)

『貯まらん女のお金がみるみる貯まる魔法のレッスン88』(マガジンハウス)

この問題をどうやって解決していけばよいのか答えは見えずにいます。ファイナンシャル・プランナーとして私ができることは一人一人にお金の指南をしていくことです。

将来もお金に困らないようにするためには、あるいは困難な状態から抜け出すためには貯金の習慣を作ることが欠かせません。

手取り収入から貯金のスペースを産み出すためには、支出を減らすことが近道です。支出を減らす=「苦痛」と思っている人も多いかもしれませんね。しかし、お金は整理すれば勝手に貯まっていきます。

買ったもののほとんど使っていない物を減らす、あるいは便利なネットサービスやレンタルサービスを利用することで満足度を下げずに支出の削減を実現することができます。節約中でも飲み会や旅行に行くことはできるのです。

現代人にとって大きな支出になっている項目に食費や通信費などがあります。女性の場合は被服費・美容費、男性の場合は交際費が大きな支出項目になっている傾向があります。

本書では支出の項目ごとにお金の整理をしていきます。例えば、食費は手取りの15%など項目ごとの目安となる割合も提示しています。

単身世帯(35歳未満)の外食費・調理済みの食料の割合は男性の場合は70.8%、女性の場合は66.1%にもなります(食費の構成比[単身世帯]家計調査 平成22年)。

節約面でも健康面でも本書では自炊をおすすめしています。1カ月分の自炊費をまとめ買いにより月1万6000円でやりくりすることができます。21食分の節約レシピを家庭料理研究家の長沼麗奈さんにご提供いただきました。

また、イラストレーター・漫画家のふじいまさこさんのお力をお借りしてマンガやイラストが満載で読みやすくなっています。ページをめくっていただくごとに面白い4コマ漫画が飛び出したりして感動いただけるのではないかと思います。

これから一人暮らしを始める方、今一人暮らしをしていて貯金ができない方にはぜひお読みいただきたいです。私と一緒にお金の整理整頓を始めましょう。

花輪陽子(はなわ・ようこ) ファイナンシャル・プランナー(CFP認定者、1級ファイナンシャル・プランニング技能士)。1978年、三重県生まれ。元外資系の投資銀行勤務。現在、雑誌や新聞などでの執筆のほか、全国各地で講演、テレビやラジオの出演など精力的に活動を行っている。著書はこの他に『花輪陽子のもう100万円貯まる本』(日経BP社)、『貯金ゼロ 借金200万円!ダメダメOLが資産1500万円を作るまで』(小学館)などがある。日経マネー、日経ウーマンオンラインなどでマネーコラムを連載中。花輪陽子オフィシャルサイト(http://yokohanawa.com/)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。