ついに言った 黒田総裁、需給ギャップ「ゼロ宣言」の裏側
編集委員 清水功哉

(1/2ページ)
2014/4/8 20:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「(需給ギャップは)縮小し、ほとんどゼロに近くなっている」――。8日開かれた記者会見で、黒田東彦日銀総裁の口からこんな言葉が飛び出した。

需給ギャップは日本経済の潜在的な供給力に対して実際の需要がどの程度不足しているかを示す尺度。ゼロは物価下落圧力の一因となる需要不足がいったん解消されたことを意味する。今年1~3月期に消費増税前の駆け込み的な需要が強まった点は割り引く必要があるものの、「ゼロ宣言…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

相場を読み解く

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]