2019年7月20日(土)

定期預金、2倍にするのに1000年超
普通の人でも資産運用をしなければいけない理由(1)

(1/3ページ)
2012/7/7 7:00
保存
共有
印刷
その他

「今、銀行の定期預金にお金を預けて、2倍に増やすためには、何年くらいかかると思いますか」。

ごく普通の個人の方におたずねすると、「うーん、30年くらいかなあ」、「100年くらいかかりますか」などと、様々な答えが返ってきます。

日本がまだバブル経済に余韻にひたっていた90年代初め、銀行の定期預金の利率は年7%程度が珍しくありませんでした。7%の金利がつけば、利息の複利計算で、10年間預けると資産は約2倍になりました。

1990年度の国内総生産(GDP)成長率は8.6%、10年債国債の年度平均利回りは7.3%でした。中国やギリシャの数字ではありません。ほんの20年前、日本経済はまだまだ高い成長力があり、銀行預金は安全かつ有力な資産運用の手段だったのです。

では、現在の預金金利はどうでしょう。

利率が高いと言われるネット銀行の定期預金でも金利は年0.3%程度です。この利率で資産を2倍に増やそうと思ったら、30年や100年では足りません。なんと約270年かかる計算になります。3回くらい生まれ変わらないと、2倍になりません。

メガバンクの定期預金金利は年0.03%程度なので、これでは1000年かかっても2倍になりません。「平安時代から今まで預けても2倍にならない金融商品なんて……」、と誰しも思うでしょうが、現実は、有利な運用手段とはいえなくなった預金は増え続け、今や840兆円もの個人資金が銀行預金口座に、低い金利のまま、放置されているのです。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。