/

この記事は会員限定です

「総裁は本気だ」 日銀事務方も驚く消費増税への熱意

編集委員 清水功哉

[有料会員限定]

黒田東彦日銀総裁は5日の記者会見で、来年4月の消費増税を予定通り実施することが望ましいという認識を改めて示した。消費増税の影響を検証する政府の集中点検会合(8月30日に首相官邸で開催)での言葉を事実上繰り返した格好だが、今回は多くの記者がいる前での発言だ。消費増税実施の必要性を訴え続ける黒田氏の熱意に、日銀の事務方も驚く。この熱意は、財政の信認確保が4月に決めた「量的・質的金融緩和」成功の前提条件...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2345文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン