/

この記事は会員限定です

専門家に資金運用を任せる「ラップ口座」は有利か

経済ジャーナリスト・西野武彦

[有料会員限定]

年金基金などの機関投資家は、巨額の資金運用を投資顧問会社や生命保険会社、信託銀行などに委託するのが一般的です。

個人投資家でも「ラップ口座」「SMA」(セパレート・マネジメント・アカウント)を使って、資金運用を証券会社や信託銀行などに一任するケースが増えています。

ラップ口座とは、証券会社や信託銀行などの金融機関が、個人投資家と投資顧問契約(投資一任契約)を結び、投資家と相談して決めた投資方針に沿...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2789文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン