/

この記事は会員限定です

日本株の憂鬱、純利益急増でもROE停滞

電子報道部 小林茂

[有料会員限定]

株式市場は消費増税決定を巡る政治イベントを消化し、企業業績の季節に突入した。10月下旬から本格化する上場企業の2013年4~9月期決算発表を機に「通期業績予想が上方修正され、日経平均株価は5月22日の高値(1万5627円)を目指す」(みずほ投信投資顧問の清水毅チーフストラテジスト)展開が予想される。だが現在は米財政問題への警戒や下期入りに伴う利益確定売りに押され上値が重い。純利益の大幅な増加が見込...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1007文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン