/

この記事は会員限定です

株価予想大外れの教訓 外国人の動きを見逃すな

経済ジャーナリスト・西野武彦

[有料会員限定]

今年ほど株式相場の見通しが大きく外れた年も珍しいのではないでしょうか。日経平均株価の年内高値予想は年初時点で1万1000~1万2000円という見方が大半でしたが、5月15日には終値で約5年4カ月ぶりに1万5000円台を回復。市場関係者の間で日経平均2万円など強気説が出るようになった矢先の「5.23」で、一時1万6000円間近のところから記録的な急落となりました。その後は1万3000円を挟んだ乱高下...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2431文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン