アクティブvsインデックス 投資信託どちらを選ぶ? インデックス投資アドバイザー カン・チュンド

(1/3ページ)
2012/5/6 7:00
保存
共有
印刷
その他

昔から、好きこそものの上手なれといいますが、「懐かしのアニメソング」のビデオを観ているカネダマモルくんは、ほんとうに幸せそうな顔をしています。カネダくん、そのビデオもう何回くらい観ましたか? 「はい、ゆうに10回以上は観ています」……。アニメだけでなく、投資信託も好きになり始めたカネダくん。実は悩みも芽生え始めているようです……。

なかなかお金をためられない<strong>カネダマモル</strong>くん。カネダくんと一緒に投資信託を学びましょう。

なかなかお金をためられない<strong>カネダマモル</strong>くん。カネダくんと一緒に投資信託を学びましょう。

「結局のところ、コストが安いファンドを選べばいいのか、過去の成績がよいファンドを選ぶべきなのか、そのあたりがよく分かりません。それにサキモトツヨシくんは、とりあえず朝の星で投資信託を検索しろって言うし……」

えっ、朝の星って?

「あっ、モーニングスターのことです……」

ああ、投資信託の評価会社「モーニングスター」ですね。カネダくん、ファンドの検索も大切ですが、投資信託選びの大前提として、現在4000本以上あるファンドの種類を、大きく2つに分けておく必要があります。

「分類、ですか?」

そうです、カネダくん。実は投資信託はその「運用哲学」によって、大きく2つの「流派」に分かれるのです。 「流派……?」

そうです。こんな言い方をすると、大げさに聞こえるかもしれませんが、これは食べ物でいうと、「和食ですか、それとも洋食ですか?」と同じくらい大きな区分けとなります。これから投資信託について学んでいくうえで、「投資信託には『2つのタイプ』がある」と知っておくことはたいへん重要です。

カネダくん、準備はいいですか……。投資信託をその運用ポリシーで大きく区分けすると、「アクティブ・ファンド」と「インデックス・ファンド」に分かれます。

「あぁ、やっぱりカタカナなのですね……」

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]