/

この記事は会員限定です

投信分配金の実情と金融機関の見識

編集委員・田村正之

[有料会員限定]
金融庁は今月初め、投資信託の制度改正に向けた中間報告書をまとめ、投資家向け情報開示の拡充などを打ち出した。これを機に投信の最大の問題点の1つである「分配金」の実情と誤解を改めて考えた。

表Aは、ある銀行のホームページに掲載されている投信分配金利回りのランキング。同様のランキングはいくつかの銀行や証券会社のホームページで出されているよ」

「1位は27%か。買いたい!」

「でもこの投信の過去1年の成...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2735文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン