/

この記事は会員限定です

心理学で分析する「毎月分配型投信」の人気

編集委員・田村正之

[有料会員限定]
 投資信託はいまや残高の大半が毎月分配型。長期的な資産形成には不利であるはずの毎月分配型の人気は、人間心理から経済を考える「行動経済学」でかなり説明がつくとの指摘が多い。

表Aは投信の残高のランキング。これを見て何に気づく?」

「オープンとかグローバルとかコースとか、伸ばす音がよく使われています。音声学上は『長音』といい、『ー』という表記を用います」

「どうでもいいことを言わないように。ほとんど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3112文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン