/

この記事は会員限定です

NEC、遠藤信博社長「携帯、製品力なかった」

[有料会員限定]

NECは26日、2012年3月期の最終損益が1000億円の赤字(前期は125億円の赤字)になりそうだと発表した。従来予想は150億円の黒字だった。タイの洪水による一部事業の減産や携帯電話の出荷台数の下振れに加え、人員削減など事業構造改革費用で400億円を計上することが響く。同日会見した遠藤信博社長は「携帯端末で顧客の要望に応えられなかった。構造改革で来年はしっかり浮上したい」と語った。主なやりとりは以下...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1272文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン