「M&A、開発候補や基盤が狙い」アステラスの畑中社長
新春インタビュー 経営トップに聞く(1)

(1/2ページ)
2014/1/16 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安定銘柄という国内製薬企業の見方が変わりつつある。武田薬品工業やエーザイなどが大型新薬の特許切れによる収益悪化をカバーしきれず、新薬の開発ペースも鈍っている。海外でのM&A(合併・買収)や提携も資金力で勝る外資系との競争は激しい。製薬企業はどう生き残るのか。国内2位のアステラス製薬の畑中好彦社長に聞いた。

――成長にM&Aは不可欠ですが、ハードルは上がっていますね。

「トップがいかに機敏に動ける…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。


記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]