/

東証大引け、6日ぶり反落 高値警戒感強まる、売買代金3兆円超え

19日の東京株式市場で日経平均株価は6営業日ぶりに反落した。終値は前日比218円59銭(1.48%)安の1万4589円91銭だった。朝方に節目の1万5000円に接近したことで高値警戒感が強まり、利益確定の売りが優勢だった。前場には対ドルの円相場上昇や債券先物相場の上昇が重荷になり、下げ幅は395円に広がる場面もあった。週末に参院選や20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議といった重要イベントを控え、持ち高調整の売りも出やすかった。

朝高後に上値の重さが目立ち始め、日経平均先物9月物に売りが出ると、それまで前日の米株高・円安を支えに買いを入れていた投資家が一転して利益確定の売りに動いた。株安が招いた円買いと債券買いも巻き込み、売りに拍車がかかった。

日経平均株価は1日の取引時間中の安値から、19日朝方に1万4953円を付けるまでの3週間で約10%上昇。節目の1万5000円にあと50円余りに接近したことで高値警戒感も高まっていた。参院選を目の前に控え、市場では「イベント前にいったん売っておこうという投資家は多かった」(SMBC日興証券の西広市株式調査部部長)との声も出ていた。後場も先物主導で300円あまり下げる場面があった。

日経平均の高値と安値の差は540円と、6月21日以来の大きさとなった。日経平均株価の将来の値動きの大きさを予測する「日経平均ボラティリティー・インデックス(VI)」は一時、前日比6ポイント強高い37.03まで上昇した。

東証株価指数(TOPIX)は5営業日ぶりに反落。業種別TOPIXでは33業種中、「非鉄金属」、「海運業」、「証券商品先物」など29業種が下げた。

東証1部の売買代金は概算で3兆1082億円と6月14日以来、約1カ月ぶりに3兆円を回復した。売買高も36億4305万株と、6月14日以来の多さだった。東証1部の値下がり銘柄数は全体の8割強を占める1474、値上がり銘柄数は220、変わらずは59だった。ファストリいすゞトヨタファナックが下落した。東エレクアドテストといった半導体関連にも売りがかさんだ。一方、オリンパスJフロントシャープ任天堂が高い。スカパーJヤフーNTTドコモも買われた。

東証2部株価指数は16営業日ぶりに反落した。Jトラスト不二サッシ高木日本ケミカルが安い。一方、Oak日精機NDソフトが買われた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン