/

東証大引け、小反発 中国指標好調で大引けにかけて切り返す

9日の東京株式市場で日経平均株価は小反発。終値は前日比9円63銭(0.07%)高の1万3615円19銭だった。前日までの大幅続落後で、自律反発への期待から下値では押し目買いが入ったほか、中国当局が午後に発表した経済指標が比較的好調だったことから、短期筋などによる買い戻しが入った。外国為替市場で円相場が下げ渋ったことや、上海市場で上海総合指数が下落したことなどを受けて下落に転じる場面があったが、大引けにかけて切り返した。

朝方は前日に米ダウ工業株30種平均が4営業日ぶりに上昇したことなどを受けて、買いが先行。10時前に日経平均は一時前日比150円近く上昇する場面があった。買い一巡後は利益確定売りが優勢になり、日経平均は一時下落に転じるなど前日の終値(1万3605円)をはさんで一進一退で推移した。その後は、中国国家統計局が午後に発表した7月の工業生産高が市場予想を上回ると上げ幅を再び40円超に拡大する場面もあるなど、1日を通して方向感を欠く値動きだった。日経平均大引けの前日比での変化幅は4月9日(24銭安)以来の小ささだった。

市場では「夏休みを取る市場関係者が多く、商いが薄いなか、売買を繰り返す短期筋の動きで相場が上下に振れやすくなっている」(いちよしアセットマネジメントの秋野充成執行役員)との声があった。きょうはミニ日経平均先物、株価指数オプション8月物の特別清算指数(SQ)算出日だったが、SQ算出に関連した朝方の売買に波乱はなかった。

今週の日経平均は850円97銭下落した。週間での下落幅は6月第1週(3~7日)以来の大きさだった。

東証株価指数(TOPIX)は反発。大引けは前日比1.32ポイント(0.12%)高の1140.91だった。業種別TOPIXは全33業種中19業種が上昇した。

東証1部の売買代金は概算で2兆309億円、売買高は22億1414万株。東証1部の値上がり銘柄数は743、値下がり銘柄数は862、変わらずは148だった。

日経平均への寄与度が高いKDDIソフトバンクが買われた。日揮ダイキンも上昇した。住友鉱三菱商など非鉄株や商社株の一角も高い。ディーエヌエが上昇し、沢井製薬も買われた。一方、ファストリが下げ、通期の業績見通しを下方修正したニコンが売られた。キヤノンが安く、ファナックブリヂストンも下げた。

東証2部株価指数は続落。JトラストOakM2Jが下落。半面、アスモクレアHD不二サッシが上昇した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン