/

東証大引け、続落 米株安・円高重荷で売り優勢、上海株高が下支え

16日の東京株式市場で日経平均株価は続落。終値は前日比102円83銭(0.75%)安の1万3650円11銭だった。前日の米株安や円相場が前日より円高・ドル安になったことなどを受けて、朝方から売りが先行。日経平均の下げ幅は200円を超える場面があった。もっとも、その後、上海市場で上海総合指数が上昇に転じると日経平均も急速に下げ渋った。「商いが薄い中、売買を繰り返す短期筋の動きで相場が上下に振れやすくなっている」(国内投信のファンドマネジャー)との指摘もあった。

前日の米株式市場でダウ工業株30種平均が約1カ月半ぶりの安値を付けたことや円相場が1ドル=97円台前半まで上昇したことを受けて、朝方から売りが先行。寄り付き直後には前日比で220円超下落した。ただ売り一巡後は押し目買いも入り、下げ幅をじりじり縮めた。午前中に下落していた上海総合指数が上昇に転じると、日経平均も急速に下げ幅を縮小。14時前には13円安の1万3700円台にまで値を戻した。市場では「株価指数先物で売りを仕掛けていた短期筋が急速に買い戻した」(国内の証券会社)との指摘があった。

今週(12~16日)の日経平均は34円92銭高となり、2週間ぶりの上昇となった。先週(5~9日)は短期筋の利益確定売りなどで850円も下げていたが、今週の上昇幅は小幅にとどまった。

東証株価指数(TOPIX)は続落。大引けは前日比9.17ポイント安の1142.65だった。業種別TOPIXは全33業種中30業種が下落した。

東証1部の売買代金は概算で1兆6246億円。今年最低だった12日(1兆5971億円)以来の低水準だった。2兆円割れは5日連続で、2012年末から13年初にかけて10日連続以来の長さ。売買高は18億7447万株。東証1部の値下がり銘柄数は1184、値上がりは426、変わらずは143だった。

日経平均への寄与度の大きいファストリソフトバンクファナックKDDIが下落した。三菱UFJ三井住友FGも下げた。グリーが反落し、コマツ住友鉱も安い。一方、富士重オリンパス東建物などが高い。ディーエヌエが買われ、国際石開帝石も上昇した。

東証2部株価指数は続落。マーチャントM2J朝日インテクが安い。一方でJトラストキーウェア稀元素が高い。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン