/

東証大引け、反発 後場に先物主導で一段高、方向感欠き売買低迷

6日の東京株式市場で日経平均株価は反発した。終値は前日比143円02銭(1.00%)高の1万4401円06銭だった。前場は下値模索が続いたが、後場は一転して上げ幅を拡大した。後場に入り、日銀による上場投資信託(ETF)買いの思惑で下げ幅を縮小。その後も株価指数先物に売り方の買い戻しが膨らんだほか、投機筋とみられる仕掛け的な買いも入って上昇に転じた。その後も先物買いの勢いは途切れず、高値引けとなった。オーストラリア中央銀行による政策金利の引き下げや、一部の国内年金による株式運用比率の引き上げ観測を材料視する声もあった。半導体新工場の建設が伝わった東芝が買われた。

前場は下げ幅を200円超に拡大し、節目の1万4000円が接近する場面があった。主要企業の4~6月期決算発表の一巡による材料出尽くし感や、円相場が1ドル=97円台後半まで強含んだことも重荷になった。週末の株価指数オプションの特別清算指数(SQ)算出をにらんだ思惑的な先物売りが主導したとの見方が多い。市場では「きょうは下げも上げも海外ヘッジファンドなどによる先物主導。前場の一段安が後場の買い戻し圧力を結果的に強める格好になった」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の藤戸則弘投資情報部長)との声が聞かれた。

東証株価指数(TOPIX)も反発した。業種別TOPIXは33業種中29業種が上昇。「不動産業」や「電気・ガス業」「保険業」などの上げが目立った。

東証1部の売買代金は概算で1兆9407億円と、連日で2兆円に届かなかった。売買高も22億6548万株と、今年最低だった前日(19億9669万株)を上回ったものの低調が続いた。方向感を欠く相場展開のなか売買は低迷した。東証1部の値上がり銘柄数は1130、値下がり銘柄数は487、変わらずは136だった。

東電トヨタ三菱UFJマツダ野村が上昇し、フルキャストパソナGなど人材関連の一角が高い。日新鋼HDが大幅高となり、日本ペが好決算も支えに年初来高値を更新した。半面、ソフトバンク三井住友FGが下落し、米ファンドによる事業分離上場案を拒否したソニーが4%安で終えた。前日に決算を発表した銘柄のうちUアローズリンナイの下げが目立った。

東証2部株価指数は小幅に4日続伸。OakM2J日精機が上昇し、Jトラスト不二サッシアートSHDが下落した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン