/

東証大引け、大幅に反発 欧州株高で買い先行、後場は先物主導

5日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反発した。終値は前日比291円4銭(2.08%)高の1万4309円97銭で高値引けとなり、5月29日(1万4326円)以来の1万4300円台を回復した。前日の米株式相場は独立記念日で休場だったが、ポルトガルやエジプト情勢の落ち着きや欧州中央銀行(ECB)による利下げ期待を背景に、欧州株式相場が軒並み急伸し、東京市場でも海外投資家などによる主力株への買いが先行した。円相場が1ドル=100円台半ば近くまで下落したことも買い安心感を誘い、終日じり高基調が続いた。トヨタは断続的な買いに支えられ、後場一段高となった。

前場は上値が重い場面も目立ったが、後場は次第に上げ幅を拡大した。13時ごろから日経平均先物9月物に入った大口買いには、海外ヘッジファンドなど投機マネーによる株価水準の押し上げを目的とした思惑的な買いとの見方が多い。先物主導の相場展開を映し、ファストリが1銘柄で日経平均を70円押し上げた。

日本時間今夜に6月の米雇用統計の発表を控え、結果と米国株の反応を見極めたいとの声も聞かれたが、一方的な株高が様子見気分を打ち消した格好。市場では「基本的に堅調な地合いは続きそうだが、25日移動平均からの上方かい離が7%に達し、短期的には過熱感が強まっている」(立花証券の平野憲一顧問)との声も聞かれた。

日経平均は週間で632円上昇し、3週連続の上昇となった。

東証株価指数(TOPIX)も反発した。

東証1部の売買代金は概算で2兆505億円、売買高は28億304万株。東証1部の値上がり銘柄数は1409、値下がり銘柄数は233、変わらずは68だった。

東電が売買を伴って上昇し、野村は800円台を回復する場面があった。ケネディクス、三菱UFJ、アイフル、マツダ、みずほFG、三井住友FGが買われ、KLabが大幅高。前日に2013年3~5月期決算を発表し、連結純利益が3~5月期として過去最高となったセブン&アイがしっかり。一方で菱地所、花王が売られた。

東証2部株価指数は7日続伸した。朝日インテク、パルステック、不二サッシ、M2Jが上昇し、プレサンスが下落した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン