/

東証大引け、大幅続伸、円安が買い戻しに弾み 半月ぶり高値

3日の東京株式市場で日経平均株価は大幅続伸した。終値はこの日の高値となる前日比405円52銭(2.99%)高の1万3978円44銭で、8月14日以来約半月ぶりの高値となった。米国がシリアへの軍事介入の判断を9日以降に先送りしたことで、海外勢によるリスク資産圧縮の動きが一服。前日の欧州株高などを受けた買い戻しが日本株に波及した。日本時間早朝の取引から円相場が対ドルで約1カ月ぶりの安値を付け、輸出関連銘柄を中心に買いに弾みが付いた。後場中ごろから株価指数先物に断続的な買いが入り、裁定取引に伴う現物株買いが上げ幅拡大に寄与した。

日経平均の上げ幅は、8月2日(460円)以来約1カ月ぶりの高水準だった。日経平均の上げ幅は前日と合わせ600円近くに達した。シリア情勢に対する警戒感が一時的に和らぎ、前日の欧州株高につながったリスクオフの巻き戻しが日本株でも活発になった。円安進行も後押しし、「外部環境の好転による底上げムードが強かった」(証券ジャパンの大谷正之調査情報部長)。自動車など輸出関連の主力株だけでなく、金融株や海運株など幅広い銘柄で買いが優勢となった。

東証株価指数(TOPIX)も大幅続伸。前日比31.40ポイント(2.81%)上昇して1149.18で取引を終えた。業種別では33業種全てが上昇した。「証券商品先物」、「ゴム製品」「その他金融」の上昇率が大きかった。

東証1部の売買代金は概算で1兆9565億円と17営業日連続で2兆円を割り込んだ。売買規模のわりに値動きに反映しやすい株価指数先物との裁定取引による現物株買いの比重が高かったとみられる。ファストリソフトバンクファナックなど日経平均への寄与度が大きい銘柄が軒並み大幅高となった。トヨタホンダなど自動車株が円安による業績拡大期待から高い。大型投資が伝わった川崎汽など海運大手も上げが目立った。日経平均採用銘柄では唯一、大林組が下落した。伊藤園エイチームも安かった。

東証2部株価指数は3日続伸。Jトラストイマジカロボ朝日インテクが買われた。半面、キーウェア不二サッシ神鋼環境が安かった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン