/

東証大引け、反発 円伸び悩みで切り返し 首相会見も好感

22日の東京株式市場で日経平均株価は反発。終値は前週末比68円13銭(0.47%)高の1万4658円04銭だった。前週まで5週連続で日経平均が上昇したことの反動などから利益確定売りが出て、下げに転じる場面もあった。だが午後に円相場が伸び悩むと輸出関連株を中心に買いが入り、切り返した。安倍晋三首相が午後の記者会見で成長戦略を着実に実行する考えを強調したことを受けて、上げ幅がやや拡大する場面もあった。

21日投開票の参院選で与党が大勝し、衆参で多数派が異なる「ねじれ国会」が解消することになったことを受けて、朝方は買いが先行。日経平均は180円超上昇して寄り付いた。その後は利益確定や材料出尽くし感からの売りが優勢になり、日経平均は一時下げに転じた。

ただ円相場が1ドル=100円前後まで上げ幅を縮めると、輸出株などに買い戻しが入り、日経平均は再び上昇に転じた。安倍首相が22日午後の記者会見で「秋の臨時国会は成長戦略実現国会。大胆な投資減税を決定するほか、産業競争力強化法などを成立させていきたい」などと述べたことも買い材料になったもよう。市場では「日経平均の下げが小幅にとどまったため、首相の会見をきっかけに売り方の買い戻しが膨らんだ」(東海東京証券の鈴木誠一マーケットアナリスト)との指摘があった。

東証株価指数(TOPIX)は反発。大引けは前週末比4.55ポイント(0.38%)高の1216.53だった。業種別TOPIXでは全33業種中24業種が上昇した。

東証1部の売買代金は概算で2兆435億円、売買高は24億7291万株。東証1部の値上がり銘柄数は1129、値下がり銘柄数は508、変わらずは116だった。ソフトバンクやトヨタ、三菱自、任天堂が高く、三菱UFJや三井住友FG、シャープが安い。日経平均の騰落レシオ(25日移動平均)は140.71と5月13日以来、約2カ月ぶりに140を超えた。

東証2部株価指数は反発。原弘産、PLANT、高木が上げた。反面、Jトラスト、不二サッシ、Oakが下げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン