/

東証大引け、反落 円高受けて売り優勢 FOMC前に様子見も

31日の東京株式市場で日経平均株価は反落した。終値は前日比201円50銭(1.45%)安の1万3668円32銭だった。外国為替市場で円相場が1ドル=98円前後と前日より円高・ドル安で推移したことや、前日に日経平均が200円超上げた反動から売りが優勢だった。

前日の米株式市場でダウ工業株30種平均が小幅に続落したことや円高・ドル安を受けて、朝方から売りが先行した。円が上げ幅を拡大すると株価指数先物への売りが膨らみ、日経平均は9時半すぎに1万3644円と前日比の下げ幅を220円超に拡大した。大引けにかけても短期筋の持ち高調整の売りが膨らんだ。

日経平均は日足チャート上で6月28日以来、1カ月ぶりに5日移動平均が25日移動平均を下回った。

ただ買い戻しが入り、底堅く推移する場面もあった。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果や米国内総生産(GDP)、7月の米オートマチック・データ・プロセッシング(ADP)全米雇用リポートなどの発表を控えて様子見姿勢の投資家は多かった。

東証株価指数(TOPIX)は反落。大引けは前日比16.83ポイント安の1131.70だった。業種別TOPIXは全33業種中29業種が下落した。

東証1部の売買代金は概算で2兆3138億円、売買高は25億9035万株。東証1部の値上がり銘柄数は270、値下がり銘柄数は1414、変わらずは69だった。

日経平均への寄与度が大きいファストリファナックが売られた。午前中は上昇していたソフトバンクも下げに転じた。一方でKDDI東エレク住友電が買われた。

東証2部株価指数は反落。日本ケミカルOak高木M2Jが下げた。一方、Jトラスト理経不二サッシが上げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン