/

東証大引け、5日ぶり反発 円下落で買い戻し、トヨタ堅調

30日の東京株式市場で日経平均株価は5営業日ぶりに大幅反発した。終値は前日比208円69銭(1.53%)高の1万3869円82銭だった。円相場の下落を受け、トヨタなど輸出関連株を中心に値ごろ感からの買いが入った。前日までの4日間で1100円超下げていたため、自律反発狙いの買いも入りやすかったという。アジアの株式相場が堅調に推移したことも後押しした。

朝方は前日の米国株やシカゴ市場の日経平均先物の下落を受け、持ち高調整の売りが先行して始まった。その後は円相場が1ドル=98円台に下落したことで押し目買いが増え、指数は持ち直した。昼休み時間に豪中銀総裁の発言をきっかけにドルが買われ、円安を促すと、日経平均先物への買いが膨らみ、現物株相場を押し上げた。上げ幅は一時240円余りに達し、1万3900円台に乗せる場面があった。

寄り付き前に発表になった6月の鉱工業生産指数は前月比で3.3%低下し、市場予想(1.5%低下)を下回った。ただ、7月の生産予測は前月比6.5%上昇を見込み、生産が持ち直し傾向にあるとして、買い安心感につながった面もあるという。

東証1部の売買代金は2兆2449億円と、日経平均の上昇幅のわりにやや盛り上がりを欠いた。市場では「株高は先物が主導した面が大きく、消費税引き上げを巡る議論の行方などに先行き不透明感が残る中で投資家の様子見姿勢も目立つ」(岡三オンライン証券の伊藤嘉洋チーフストラテジスト)との声があった。

東証株価指数(TOPIX)は5営業日ぶりに反発。業種別株価指数では33業種すべてが上昇。「海運」や「その他金融」、「非鉄」など直近の下げが目立っていた銘柄の上昇が目立った。

東証1部の売買高は25億7904万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は全体の86%に相当する1508、値下がりは203で、横ばいは41だった。

午後に2013年4~9月期の業績予想を上方修正した川重が大幅高。東電ソフトバンクが買われ、三菱UFJ三井住友FGなど大手銀行株も堅調。トヨタや富士重は約3%上昇した。4~6月期決算を受け、朝方は軟調だったコマツも後場は持ち直した。半面、キヤノンが年初来安値を更新。信越化東エレクも下げ、日立建機が売られた。HOYAも安い。

東証2部株価指数は3営業日ぶりに反発。JトラストOak高木が上昇。半面、不二サッシ日本ケミカルサクセスHDが下落した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン