/

東証大引け、反落 米緩和縮小懸念で一時1万3000円下回る

20日の東京株式市場で日経平均株価は反落した。終値は前日比230円64銭(1.74%)安の1万3014円58銭だった。19日まで開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)後の会見で、バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が量的緩和政策の縮小に対し、従来より踏みこんだ内容に言及。これまで世界的な株式相場の上昇の一因だった緩和マネーの市場への流入が細るとの懸念から売りが広がった。きょうのアジア各国・地域の主要な株価指数が全面安となったことも響いた。

株価指数先物売りが増えると、日経平均は下げ幅を広げ、取引時間中としては2日ぶりに1万3000円を割り込む場面があった。米量的緩和縮小による新興国景気への悪影響も懸念された。インドの売り上げが多いスズキが6%安と下げが目立った。

6月のHSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値は48.3と景気判断の分かれ目となる50を2カ月連続で下回った。ファナックなど中国関連銘柄が一時下げ幅を拡大した。

一方で、米長期金利上昇に伴う日米金利差拡大観測により、円相場が下落し、輸出株の押し目買いを誘った。日経平均は1万3100円台まで下げ渋る場面がみられた。

東証株価指数(TOPIX)は5日ぶりに反落した。業種別TOPIXは33業種中28業種が下落した。「不動産業」、「鉱業」、「その他金融業」の下げがきつかった。東証REIT指数は続落した。

東証1部の売買代金は概算で2兆2962億円、売買高は28億5760万株。東証1部の値下がり銘柄数は68%に当たる1168、値上がり銘柄数は465、変わらずは79だった。

トヨタ三菱UFJファストリが下げた。一方で、三井住友FGマツダ富士重が上昇した。材料が出た銘柄では独ボッシュと電池事業で提携すると発表したGSユアサ、「電力小売事業に参入する」と一部で伝わったKDDIが上げた。

東証2部株価指数は5日ぶりに小反落した。朝日インテクM2Jニフティが下げる一方、日精機不二サッシが上げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン