2019年6月25日(火)

東証14時、上げ幅拡大し8800円台に乗せる 円相場一段安を好感

2012/11/15 14:13
保存
共有
印刷
その他

15日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は上げ幅を拡大。前日比150円ほど高い8800円台前半で推移している。取引時間中に8800円台に乗せるのは11月8日以来1週間ぶり。自民党の安倍晋三総裁が都内で開いた講演で日銀と協調して無制限の金融緩和を実施すると言及したほか政策金利をゼロまたはマイナスにして民間向けの貸出を増やすべきだと述べたなどと伝わった。これを受けて外国為替市場で円相場が対ドルで一時6カ月半ぶり安値をつけた。株価指数先物にまとまった買いが入り裁定取引絡みの買いを通じて現物株を押し上げた。業績懸念も後退し輸出株など主力株も一段高となっている。

東証株価指数(TOPIX)も上げ幅を拡大。

14時時点の東証1部の売買代金は概算で9133億円、売買高は同17億1528万株だった。上昇銘柄数は全体の78%にあたる1321、下落銘柄数は269、横ばいは86だった。

トヨタホンダコマツなどが上げ幅拡大。関西電中部電など電力株も上げ幅を拡大した。半面、ソニーNTTドコモソフトバンクNTTは売られている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

為替関連のデータ&チャート

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報