菅氏再選に円高の洗礼 東京円、83円09銭まで上昇

(1/2ページ)
2010/9/14付
保存
共有
印刷
その他

14日の東京外国為替市場で円相場は1ドル=83円台前半に上昇した。一時83円09銭と1995年5月31日以来約15年3カ月ぶりの高値を付けた。民主党代表選で菅直人首相が再選され、菅首相より円売り介入に積極的とみられていた小沢一郎前幹事長が敗れたことで、短期筋を中心に円買い・ドル売りが膨らんだ。17時時点では前日の同時点に比べ72銭の円高・ドル安の83円20~23銭近辺で推移している。

財務省・日銀による為替介入への警戒感が和らいだとの思惑に加え、前日の米長期金利が低下し、日米の金利差が縮小するとの見方も円買い・ドル売りにつながった。

一方、円の高値更新後は、利益確定を目的とした円売りが出たため伸び悩んだ。野田佳彦財務相が、14日の閣議後記者会見で「必要な時には断固たる措置をとる」と述べるなど円高へのけん制を強めており、「為替介入が無くなった訳ではない」(国内大手銀行ディーラー)との見方も円の上値を抑えた。9~17時時点の円の安値は83円72銭近辺で、値幅は63銭程度だった。

  • 1
  • 2
  • 次へ

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]