香港株大引け、反落 2万3000割れ、上海株安嫌気しほぼ全面安

2014/4/15付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQN香港=桶本典子】15日の香港株式市場でハンセン指数は反落した。終値は前日比367.54ポイント(1.59%)安の2万2671.26と、9日以来4営業日ぶりに心理的節目の2万3000を割り込んだ。16日に発表を控える2014年1~3月期の実質国内総生産(GDP)が13年10~12月期に比べ減速するとの見方が強まり、この日の中国・上海株式相場が下落。香港市場でも中国景気の減速懸念が強まり、中国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]