香港株大引け、4日続落 アジア株安受け、後場売り優勢に

2013/6/3付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQN香港=桶本典子】3日の香港株式市場で、ハンセン指数は4日続落した。終値は前週末比109.97ポイント(0.49%)安の2万2282.19だった。朝方は1日発表の中国の5月の製造業購買担当者景気指数(PMI)改善を好感する買いが優勢だったが、後場に入り前週末の米株安やこの日の日経平均株価の大幅下落を背景としたアジア株全般の下落を受け、地合いが悪化。週末に中国の月次経済指標の発表を控え様子見気…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]