/

NY金急反発、終値1713ドル 過去最高値を更新

【NQNニューヨーク=川内資子】8日のニューヨーク金先物相場は3営業日ぶりに急反発した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心である12月物は前週末比61.4ドル(3.7%)高の1トロイオンス1713.2ドルで終えた。欧米の債務問題への懸念から逃避資金の受け皿となりやすい金に買いが膨らんだ。

12月物は通常取引終了後の時間外取引で一時1723.4ドルまで上昇し、中心限月としての最高値を更新した。これに先立ち、前日深夜の時間外で初めて1700ドル台に乗せていた。

格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が5日夜に米国債の格付けを引き下げた。欧州中央銀行(ECB)は8日、世界の金融市場の動揺を止めるため、イタリアとスペインの国債の買い入れに乗り出した。欧米の債務問題が深刻化するとの懸念や、同問題が世界景気の先行き不透明感を強めるとの懸念から、金の買いが膨らんだ。

世界の株式相場が大幅安となり、投資家が運用リスクを避けて金を買う動きも出た。ゴールドマン・サックスが7日付のリポートで今後1年の金相場の見通しを引き上げたことも買い材料になったとの声があった。金相場は引けにかけて上げ幅を広げ、この日の高値圏で終えた。

銀は3営業日ぶりに反発。プラチナは5営業日ぶりに反発した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン