NY原油、急落 9月物86.63ドルで終了、5.8%安 半年ぶり安値

2011/8/5 5:35
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=横内理恵】4日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場は急落し、5日続落した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の9月物は前日比5.30ドル(5.8%)安の1バレル86.63ドルで取引を終えた。世界景気の先行きに対する懸念が強まり、原油需要が減退するとの見方から売りが優勢となった。一時は86.04ドルと2月18日以来、ほぼ半年ぶりの安値を付けた。

心理的な節目の90ドルを割り込むと、損失限定目的の売りが加速した。米株式相場の急落を受け、運用リスクを取りにくくなった投資家が原油の買い持ち高を圧縮。下げ幅を大きくした面もあった。

ガソリン、ヒーティングオイルは続落した。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]