/

円続伸、81円85~95銭 NY市場終値

【NQNニューヨーク=増永裕樹】8日のニューヨーク外国為替市場で円相場は4日続伸し、前日比50銭円高・ドル安の1ドル=81円85~95銭で取引を終えた。一時は81円72銭まで上昇し、1995年4月下旬以来、約15年5カ月ぶりの円高・ドル安水準を付けた。朝方発表の9月の米雇用統計が市場予想より悪化し、米国の追加金融緩和の実現性が強まった。日米金利差が縮小するとの見方から円買いを呼び込んだ。

米労働省が8日発表した9月の雇用統計によると、非農業部門の雇用者数は前月比9万5000人減少した。市場予想(1万人程度の減少)と比べた落ち込みが大きく、米雇用環境の厳しさが改めて浮き彫りとなった。

ただ、朝方の売買が一巡すると、円は上げ幅を縮小した。足元の急激な円高を受けた日本の政府・日銀の円売り介入への警戒感が残り、一方的な円買いに慎重な雰囲気が強まった。8日の7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議を前に、目先の利益を確定する目的の円売り・ドル買いも出やすかった。ニューヨーク市場での円の安値は1ドル=82円50銭だった。

円は対ユーロで続伸した。前日比55銭円高・ユーロ安の1ユーロ=114円15~25銭で取引を終えた。ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)のユンケル・ルクセンブルク首相が「ユーロは強すぎる」と発言したと伝わり、対ドルでユーロ売りを誘発。対円でも円買い・ユーロ売りが広がった。

ユーロは対ドルで小反発した。前日終値の1ユーロ=1.39ドル台前半とほぼ同水準ながら、やや上昇した。ユンケル首相発言やなどをきっかけにしたユーロ売りで下げる場面があったが、米国の追加緩和観測を手掛かりとしたユーロ買い・ドル売りが優勢となった。この日の高値は1.3985ドル、安値は1.3833ドルだった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン