/

NY円、続伸 1ドル=96円90銭~97円00銭で終了 一時95円台

【NQNニューヨーク=岩切清司】6日のニューヨーク外国為替市場で円相場は大幅続伸した。前日比2円10銭円高・ドル安の1ドル=96円90銭~97円00銭で取引を終えた。一時は1ドル=95円90銭まで上昇し、4月16日以来、約1カ月半ぶりの円高水準をつけた。ドルが対ユーロで大幅下落。対円でもドル安の動きが波及し、積み上がっていた円売り・ドル買いの持ち高を解消する動きが加速した。

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は6日の理事会後の会見で、民間銀行がECBに預け入れる資金に「マイナス金利」を課すことについて「技術面の準備は整っている」と述べた。ただ、実施については具体的に言及せず、一段の金融緩和には慎重との見方が浮上。ドルがユーロに対して下落し、円買い・ドル売りにつながった。

5月の米雇用統計の発表を7日に控え、膨らんでいた円売り・ドル買いの持ち高を整理する動きも加速。円相場の急伸により損失限定を目的とした円買いも巻き込み、上昇に拍車を掛けた。

この日の円の安値は1ドル=99円38銭だった。

円は対ユーロでも続伸し、前日比1円15銭円高・ユーロ安の1ユーロ=128円50~60銭で終えた。対ドルでの円高を受け、円買い・ユーロ売りの圧力が高まった。一時127円53銭まで上昇し、5月2日以来、約1カ月ぶりの高値をつけた。

ユーロは対ドルで4日続伸。前日終値の1ユーロ=1.31ドルちょうど程度から1.32ドル台前半に水準を切り上げた。一時1ユーロ=1.3306ドルと、2月25日以来、約3カ月半ぶりの高値を付けた。安値は1.3090ドルだった。

英ポンドもドルに対して上昇した。前日終値の1ポンド=1.54ドルちょうど程度から1.56ドルちょうど程度まで水準を切り上げた。英中銀イングランド銀行は6日の金融政策委員会で、政策金利を過去最低の0.5%で据え置いた。現行政策を維持したことで買いが入った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン