/

NY円、4日続伸 1ドル=94円05~15銭、米経済指標が低調で

【NQNニューヨーク=大石祥代】14日のニューヨーク外国為替市場で円相場は4日続伸し、前日比1円25銭円高・ドル安の1ドル=94円05~15銭で終えた。消費関連など低調な米経済指標が相次ぎ、円買い・ドル売りが優勢になった。

6月の米消費者態度指数の速報値が前月から低下した。5月の鉱工業生産指数は横ばいと市場予想を下回り、米景気の勢いが鈍いとの見方につながった。運用リスクを回避する雰囲気が強まり、ドルと比べて金利水準の低い円を買い戻す動きが広がった。

国際通貨基金(IMF)は14日発表の米国経済に関する年次審査報告の概要で、米連邦準備理事会(FRB)が緩和的な金融政策を当面続けるべきだと主張した。米当局が量的緩和の早期縮小に踏み切るとの見方が後退し、円買い・ドル売りの一因になった。

この日の円の高値は93円98銭、安値は95円33銭だった。

円は対ユーロで大幅続伸し、前日比1円90銭円高・ユーロ安の1ユーロ=125円55~65銭で終えた。対ドルでの円高が波及し、対ユーロでも円買いが入った。

ユーロは対ドルで5営業日ぶりに反落し、前日終値の1ユーロ=1.33ドル台後半から同台半ばに水準を切り下げた。前日までの上昇の反動で、目先の利益をひとまず確定する目的のユーロ売りが優勢になった。安値は1ユーロ=1.3295ドル、高値は1.3350ドルだった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン