2018年10月18日(木)

円、対ユーロで一時99円47銭に 11年ぶり高値

2011/12/31 7:38
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=川内資子】2011年最後の取引である30日のニューヨーク外国為替市場で円相場は続伸し、前日比75銭円高・ドル安の1ドル=76円85~95銭で取引を終えた。円は一時76円88銭まで上昇し、11月22日以来、約1カ月ぶりの高値を付けた。年末前に持ち高調整目的の円買い・ドル売りが優勢になった。

経済指標など取引材料が乏しく、持ち高調整の取引が中心となった。年末決済に向けてドル資金を調達する動きが一巡。一方、日本の輸出企業から年明けの取引を見越した円買い・ドル売りが入ったという。年末休暇をとる市場参加者が多く、商いの薄さが値動きを増幅した面があった。30日の安値は1ドル=77円47銭だった。

10年末との比較では4円25銭の円高・ドル安となった。年末時点としては過去最高値となる。

円は対ユーロで5日続伸し、前日比95銭円高・ユーロ安の1ユーロ=99円60~70銭で取引を終えた。一時99円47銭まで上昇し、2000年12月以来、約11年ぶりの高値を付けた。対ドルでの上昇につれて、対ユーロでも円買いが勢いづいた。欧州債務問題への根強い懸念も円買い・ユーロ売りを促した。

ユーロはドルに対して反落し、前日終値の1ユーロ=1.29ドル台後半から同台半ばに小幅ながら水準を切り下げた。年末を前に持ち高調整のユーロ売り・ドル買いがやや優勢になった。ユーロの安値は1ユーロ=1.2930ドル、高値は1.3000ドルだった。

保存
共有
印刷
その他

人気投票に敗れたユーロ[有料会員限定]

2011/12/30 22:25

ユーロ相場、1月2日は要注意 薄商いで波乱も[有料会員限定]

2011/12/29 2:18

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報