/

この記事は会員限定です

安定した政治つくる英国の知恵 高安・成蹊大教授

新しい日本へ 第5部 「震災後」へ動く(5)

[有料会員限定]

既存政党への不信感は欧米でも広がっている。英国では総選挙でどの政党も多数を持てない「ハング・パーラメント(中ぶらりん国会)」になり、保守党が自由民主党と連立した。英国政治から学ぶべき点は何か、成蹊大の高安健将教授に聞いた。

――政治が物事を決められない状況が続いています。どうすれば打開できますか。

「政治のサイクルを長くすべきだ。日本は国政選挙や党首選など選挙と選挙の間が短すぎて、首相を引きずり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り961文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン