台湾の自転車王、過去の常識打ち破る
日本、一歩前へ(1)

2013/5/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「台湾を『自転車の島』にしよう」。3月に台北市で開かれた国際自転車展示会。世界最大の自転車メーカー、台湾・巨大機械工業(ジャイアント)の劉金標董事長(78)は聴衆に呼びかけた。2012年に過去最高の620万台を生産し、世界有数の高級ブランドを築いた自負がにじむ。

ジャイアントは米大手からの受託生産で成長したが、1980年代に低コストの中国勢に注文を奪われた。苦境に陥った劉が仕掛けたのが自社ブラン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

「アジア跳ぶ」バックナンバーから

電子版トップ



[PR]