タイのツナ缶長者 欧米へマネー逆流
アジア跳ぶ第2部 成功をつかむ(1)

(1/2ページ)
2013/2/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サンドイッチやサラダの具材として食卓を彩るツナ缶。世界生産の2割を握るガリバー企業は東南アジアから出現した。タイ・ユニオン・フローズン・プロダクツ(TUF)。欧米アジアに工場を持ち、2012年の売上高は推計35億ドル(約3200億円)。社長のティラポン・チャンシリ(47)は「2年ごとに10億ドルずつ増やす」と熱く語る。

■視線は新興国

貧しい華人家庭出身の父、会長のグライソーン・チャンシリ(77)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。


理解を深める関連記事

電子版トップ



[PR]