「価格調整の頻度をあげる」 原田泳幸・日本マクドナルドHD会長兼社長
第1回 社長たちの脱デフレ戦略

(1/3ページ)
2013/7/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

100円バーガーが120円になった。日本マクドナルドホールディングスが5月に実施したハンバーガーの値上げは、「デフレ脱却」の話題とあいまって外食業界の話題をさらった。外食はデフレから抜け出せるのか。同社の原田泳幸会長兼社長は「価格の高い商品も充実していかなければならない時代」と話す。

――2004年の社長就任後、日本はずっとデフレだ。ハンバーガーを20%も値上げしたのは、日本の消費者が安い商品を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

理解を深める関連記事


電子版トップ



[PR]