/

この記事は会員限定です

物価考 貸出増「企業収益の拡大見通しが重要」

小野直樹・三井住友銀法人企業統括部長

眠れるヒント(4) インタビュー

[有料会員限定]

日銀が4月に「量的・質的金融緩和」を導入してからもうすぐ半年。市場から大量の国債を購入する見返りに資金供給量を増大させ、銀行貸し出しが増加する効果を狙った。メガバンクの一角、三井住友銀行で企業向けの融資を統括する小野直樹・執行役員法人企業統括部長に話を聞いた。

――足元の銀行貸し出しの状況はどうか。

「3月以降、中堅・中小企業向け、大企業向けの貸出残高がともに前年同月比プラスで推移している。中堅・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1002文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン