/

この記事は会員限定です

芽生え始めた寄付文化、先駆的分野の支えに

「三度目の奇跡」番外編

[有料会員限定]

小さなオリの中で動き回る小型のサル。川崎市の実験動物中央研究所では、このサルを巡って国内外からの問い合わせが相次いでいる。世界で初めて発光クラゲの遺伝子を導入した「遺伝子組み換えサル」だからだ。

新薬開発や難病のメカニズム解明には実験動物が欠かせない。このサルを使えばアルツハイマー病などを動物で再現できるので、高齢化で増えると予想される脳の病気の治療法開発に役立つ。霊長類の遺伝子組み換えは非常に難...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り998文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン