/

この記事は会員限定です

豆腐が500円になる日 買い続ける中国が変える世界

ニッポンの農力

[有料会員限定]

4月下旬、米農務省が発表した統計に世界が揺れた。中国が約10万トンのトウモロコシを米国で買い付けたと記されていたためだ。「ついに買い始めたか」――。丸紅の担当者は中国の取引先や米メジャーなどへの問い合わせに奔走した。

トウモロコシを自給してきた中国が海外で大量に買い付けるのは1995年以来。その後も断続的に買い続け、これまでに130万トンに積み上がった。穀物商社ユニパックグレイン(東京・港)社長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1356文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン