/

この記事は会員限定です

ネット人類未来 第5部 ビットコインが生む「第2のケインズ」

国際基督教大学客員教授の岩井克人氏

(中)関連インタビュー

[有料会員限定]

ネット上に生まれた、政府も中央銀行も関係ない独自のお金「bitcoin(ビットコイン)」。貨幣論が専門の国際基督教大学の岩井克人客員教授(66)は「皆が貨幣として認めれば十分お金として流通する」と説く。

一方で政府や中銀のコントロールがない貨幣は経済危機に弱く、いずれ行き詰まるとも指摘する。岩井氏は、それを救うため、国という枠組みを超えた新たな世界中央銀行が誕生し、インターネット時代にふさわしい調...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2624文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン