ビットコインが生む「第2のケインズ」 国際基督教大学客員教授の岩井克人氏
(中)関連インタビュー

(1/3ページ)
(1/3ページ)
(1/3ページ)
2013/6/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ネット上に生まれた、政府も中央銀行も関係ない独自のお金「bitcoin(ビットコイン)」。貨幣論が専門の国際基督教大学の岩井克人客員教授(66)は「皆が貨幣として認めれば十分お金として流通する」と説く。

一方で政府や中銀のコントロールがない貨幣は経済危機に弱く、いずれ行き詰まるとも指摘する。岩井氏は、それを救うため、国という枠組みを超えた新たな世界中央銀行が誕生し、インターネット時代にふさわしい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]