/

この記事は会員限定です

デジタルに生きる「懸け橋」人材

ネット 人類 未来 第3部 山を動かす(2) 取材ノートから

[有料会員限定]

「起業家精神がないと、なれない。新しいデータは次々とやって来る。言われたことだけやっていても、つとまらない」。日本を代表するデータサイエンティスト、アクセンチュアの工藤卓哉シニア・プリンシパルは、ハングリーさがこの仕事の条件と話す。

米調査会社IDCによると、世界のデジタルデータ量は2020年までに、10年初めに比べて50倍の40ゼタ(ゼタは1兆の10億倍)バイトに達する。世界中の人がそれぞれ52...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1747文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン