/

この記事は会員限定です

能力200万倍 空気読む コンピューター技術、進化どこまで

ネット 人類 未来 第1部 巨大データの光と影(1)

[有料会員限定]
<訂正>24日付「ネット 人類 未来 能力200万倍 空気読む コンピューター技術、進化どこまで」の記事中「エジプトでくさび形文字が誕生した」とあったのは「メソポタミア」の誤りでした。

インターネットは地球を近く、小さくしてしまった。つながっている人は現在24億人。2016年には世界人口の半分に達する。そのネットを支えるのはコンピューティングパワーの進化だ。人類初の電算機が産声を上げて約70年、「考える」「判断する」機能も近く備え、人間を超えるといわれるコンピューター技術は今、どこまで来ているのか。

アポロ打ち上げ、スマホ楽々

5人に1台にまで普及したスマートフォン(高機能携帯電話...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2554文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン