/

この記事は会員限定です

ネット人類未来 第6部 発信する宗教 宗派超え人々に近づく

揺れる境界線(3)

[有料会員限定]

「8時だョ。神さま、仏さま!」。毎週水曜午後8時、男性3人のそろった声がインターネットで全国に発信される。

バラエティー風

兵庫県尼崎市のコミュニティーラジオ「エフエムあまがさき」。DJは住職の宏林晃信(43)と宮司の江田政亮(44)、牧師の福島旭(50)の3人だ。

約3畳の収録現場ではゲストがお遍路や出家の体験を語り、3人が関西風の味付けをする。くだけたやり取りはまるでバラエティー番組だ。「抹香臭い」。話が説教...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1139文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン