研修目的は「上海路線維持」 鹿児島県が異例の策

2013/5/30付
保存
共有
印刷
その他

鹿児島県は29日、利用が低迷している中国東方航空の鹿児島―上海線(週2往復)を維持するため、県職員千人を「研修」目的で上海に派遣すると発表した。費用は1人約12万円で、計1億1800万円を6月補正予算案に盛り込んだ。航空路線維持が目的の自治体の大規模な海外研修は異例で、是非を巡る論議を呼びそうだ。

同路線は2002年に開設。県によると、東日本大震災や尖閣諸島を巡る日中関係の悪化を背景に、搭乗率は…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]