西部ガス、太陽光発電に参入 10億円で遊休地活用

2012/3/1付
保存
共有
印刷
その他

西部ガスは29日、太陽光発電事業に参入すると発表した。2012年度、約10億円を投じて自社グループの遊休地3カ所に太陽光発電所を建設する。再生可能エネルギーの全量買い取り制度をにらみ、売電事業を新たな収益源に育てる。

4月に全額出資子会社、エネ・シード(福岡市)を設立。北九州市に1500キロワット、福岡県大牟田市に1千キロワットの大規模太陽光発電所(メガソーラー)を、長崎市に500キロワットの発電施設を建設する。

総面積は4万6千平方メートルでグループの遊休地を活用する。施設ごとにエネ・シードがメガソーラーの運営・施工ノウハウを持つ企業と共同で特別目的会社を設立、設計から運営まで手掛ける。電気は全量九州電力に売却する。

再生可能エネルギーの固定価格買い取りを電力会社に義務づける新制度が施行される7月1日に営業を開始する予定だが、遅れる可能性もある。13年度以降は他社の用地を使い事業拡大を目指す。

買い取り価格が決まっていないため、売り上げ目標は明らかにしなかったが「1キロワット時35~40円でも採算が合う」(川原道憲・取締役常務執行役員)という。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]