/

この記事は会員限定です

九州新幹線の定期代補助空振り 頭痛める自治体

[有料会員限定]

九州新幹線鹿児島ルートの全線開業を受け、沿線自治体が定住促進策の一環として始めた新幹線定期券の購入補助の利用が低迷している。停車本数の少なさなどが響き、福岡市への通勤者数が伸び悩んでいるとみられるためだ。「新幹線は定住者を呼び込む大きなセールスポイントだが、全面的に寄りかかっては行き詰まる」。自治体の担当者は頭を痛めている。

「行きも帰りも座れるので助かる。帰宅後、近くの温泉につかるのも楽しみに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り855文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません