「逮捕回避求められた」同僚が証言 元警部補収賄事件公判

2012/11/16付
保存
共有
印刷
その他

福岡県警東署の元警部補、中村俊夫被告(49)の汚職事件の第3回公判が15日、福岡地裁(野島秀夫裁判長)であった。暴力団工藤会(本部・北九州市)の関係者からの収賄罪について審理し、同僚だった警察官3人の証人尋問を行った。

起訴状などによると、中村被告は3月下旬、恐喝事件の容疑者とされた工藤会関係者で無職の梶原勇樹被告(31)=贈賄罪で起訴=が逮捕されないよう捜査担当の同僚に働き掛け、捜査情報を梶原…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]