/

福岡・博多湾に人の頭部 14日発見の胴体は会社員女性と確認

15日午後4時10分ごろ、福岡市中央区の博多湾内の須崎ふ頭近くの海で、人の頭部が浮かんでいるのを作業員が発見、福岡県警に通報した。県警は同日、14日に近くで見付かった胴体が3月上旬に行方不明になった会社員、諸賀礼子さん(32)=同市博多区=と確認した。県警は頭部も諸賀さんの可能性が高いとみて調べている。

県警によると、頭部は諸賀さんの胴体が発見された場所から西に約50メートルの岸壁近くで見つかった。司法解剖した結果、女性とみられ、死亡時期は3月上旬と推定されるという。骨折や刺し傷はなかったが、死因は特定できなかった。

また、14日に見つかった胴体についてDNA鑑定した結果、諸賀さんと判明した。

諸賀さんの遺体は3月15日に同市西区の能古島で下腹部が見付かり、4月9日には同市中央区の福岡競艇場内の海で両腕が発見されている。

県警によると、諸賀さんは3月5日夜に会社を出た後、連絡が取れなくなった。諸賀さんの自宅アパートには血痕や争った形跡が残されていないことなどから、県警は諸賀さんが自宅以外の場所で殺害され、遺体を切断され遺棄されたとみて捜査している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン