泡盛と相性の良い料理は 久米島の久米仙が分析

2010/10/14付
保存
共有
印刷
その他

泡盛メーカー大手の久米島の久米仙(沖縄県久米島町、島袋周仁社長)は、慶応大学が出資するベンチャー企業と組んで泡盛と料理の相性分析を始めた。甘味や苦みなど5つの味のバランスを数値化し、外食店や量販店のメニュー作成や販促を支援。若者の酒離れや競争激化で経営環境が厳しくなる中、料理との相性を提案する新たな営業戦略で取引先を開拓する。

慶大が25%出資するベンチャー企業、アイシー(横浜市、鈴木隆一社長)…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]