/

沖縄知事、日台漁業協定調印に不快感 「頭越しの決定」

沖縄県の仲井真弘多知事は12日の記者会見で、尖閣諸島周辺の漁業権を巡る日本と台湾の取り決め(協定)調印について「頭越しの決定だ」と不快感を表明した。県や漁業関係者に事前の相談がなかったとし、「突然の(内容の)示し方は極めて遺憾だ」と語気を強めた。

仲井真知事は台湾側に操業を認めた水域にマグロの好漁場が含まれていることに「予想外も予想外だ」と述べ、「漁業者が怒るのも当然のことだ」と説明。地元の理解を得る政府の努力が足りないことを手厳しく批判した格好だ。

尖閣周辺海域では以前から日台の漁船同士のトラブルが相次いでいる。仲井真知事は沖縄と台湾の長い交流の歴史から、「漁業でも互いに助け合うことができれば理想的だ」とも指摘した。

県は同日、日台の調印内容について「台湾側に大幅に譲歩した内容で、極めて遺憾」とする抗議文を政府に提出した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン